sign_2021-01-08-1237.png img20200410132035457330.jpg img20200410132027986407.jpg img20200410115208477919.jpg img20191020172055405732.jpg

News

2019/10/21  ホームページを開設しました。
2021/01/16 ホームページをリニューアルしました。
2021/01/20 「シンプルフューエル」に関するプレスリリースを致しました。

2021/03/03~05 FC Expoに出展致しました。

PDC マシンズは1977年にペンシルベニア州(米国)の小さな倉庫で高圧ガスのコンサルティング事業を始め。その後30年以上にわたり、ダイアフラム圧縮機の製造・販売を手掛けています。
当社は産業用水素、水素ステーション用の圧縮機を事業の柱を位置付けており、水素ビジネスの黎明期から、世界各国の研究機関に高圧圧縮機を供給してきました。
現在水素ステーション分野でのマーケットシェアは6割となっています。これからも革新的な技術で水素社会の実現を牽引する企業を目指します。

アメリカ本社副社長
    カリーム・アフザル

水素社会の実現に向けて日本のお客様・パートナーをサポートしていくことは「PDCの固い誓い=Solemn Commitment」です。
我々はPDCは「水素燃料」が将来のクリーンモビリティの実現に向け、変革の重要な役割を担うものと、心から信じています。
日本は水素社会の実現に向けて世界をリードし続けています。
私を含めPDCチーム全員が「子供たちへ繋ぐ未来」がクリーンで明るいものとなるよう、お客様と社会に貢献できることをとても楽しみにしています。
 

日本法人代表
   増田 貴幸

 PDC日本法人は2019年2月に「自社製品を通じて水素エネルギーを普及する」目的で設立されました。異なる企業で水素インフラ事業に携わり、その可能性を信じたメンバーが「水素」という新エネルギーを後世に残すために、お客様と日々汗をかいています。
 解決すべき課題は少なくないですが、私たちはこの日本で、未来の為に一緒に汗をかいて頂けるパートナーと、後世に残る仕事が出来ればと、心から願っています。
 

シンプルフューエル

「シンプルフューエル」はFCV(燃料電池車)普及の道筋をつける為に米エネルギー省が主催した「水素充填革新コンテスト」でアワードを獲得した、水電解による水素発生装置ダイヤフラム圧縮機を組み合わせた小型の水素供給装置です。
IVYSエナジーソリューションズPDCマシンズマクフィーの3社で開発しました。
従来の水素ステーションの枠組みを超え、”必要最低限の水素を作り”、”どこにでも設置可能で”、”誰にでも簡単に操作出来る”「シンプルな水素ステーション」として2017に完成。1年間の商用化改良を経て販売を開始しております。
シンプルフューエルは元々「自動車への充填」を前提にデザインされており、米国を中心にFCVへの充填実績が積み上がり、高い顧客満足度を得ております。
現在日本ではFCFL(燃料電池フォークリフト)用の充填装置として販売しておりますが、日本においてもFCV用充填設備としてご紹介させて頂く予定です。

ダイヤフラム式圧縮機

ダイヤフラム式圧縮機は、ピストンが油圧を介してダイヤフラムを駆動させ、ガスを圧縮します。
ダイヤフラム式圧縮機には以下のような特長があります。
<特長>
1.完全にオイルフリーでプロセスガスがダイヤフラム以外に接触しないので、純度を損なう事なく圧縮する事が出来ます。
2.特殊加工された金属製ダイヤフラムにて圧縮するため、高圧・高温・腐食性が高いガスなどの幅広いガスに対応が可能です。
3.高い圧縮比を実現できるため、圧縮段数を少なく出来ます。
(故障のリスク低減・メンテナンスコストの低下に繋がります。)
4.高感度のガス検知器を設置しているため、重大な破損を未然に検知が可能です。




関連部品・メンテナンス

SimpleFuel・ダイヤフラム圧縮機の各種交換用部品の販売、メンテナンス作業を行なっております。

Outline

会社名

PDC Machines 合同会社

住所

〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 京都リサーチパーク第4ビル3F

設立

2019年2月

日本法人代表

増田 貴幸

社員数

6名